本日の畑。

 

本日の箕面は朝からお昼過ぎまで雨が降ったりやんだり。

おかげ様で少しひんやりするほどの秋の空氣になりました。

 

4時過ぎころから、ぼうぼうに茂ったユイチル畑の上の段の畑の草刈りと種まきに行きました。

 

ぼうぼう過ぎると鹿が安心して身を隠せるから畑に入ってきやすいんです。

このところ鹿が来ている氣配はありません。

 

 

 

ぼうぼうに茂ってしまった畝を軽く刈って、表土を削り、種まき。

今日は、平家大根、宮重ダイコン、自家採取の人参を蒔きました。

昨日は大藪かぶらと、ゴールデングローブというカブ。

ゴールデングローブは、茹でてマッシュしたものにオイルとペッパーで頂くのが美味しいという説明に惹かれて買いました。

楽しみ ジュル

 

 

こちらは、鹿に葉っぱをむしゃむしゃ行かれながらも、

驚くべき生命力で実りをつけた南瓜。

もうひとつありました。

オーガニックの南瓜は高級品。

これも期待できそうです。

 

ゴールデングローブと同じ食べ方も美味しそう。

こちらは収穫。

ユイチル畑の南瓜。

エゴマはもう硬くなりすぎていました。

この人参は四年目くらいかな。

品種は忘れましたが、先のとがった、硬い、

マクロビオティックでいうととても「陽」のパワーの強い人参です。

身割れしているのは、土中の水分量が急激に変化した際にそうなるとか。

壁際で水はけが悪かったので、ドシャっと降った時に割れたのでしょう。

 

ゴーヤも収穫。

こちらはディルというハーブの種!

ふつうは乾いたものを使いますが、

この生の状態をプチプチと取って、ドレッシングや、リゾットに入れるとこれまた美味しいアクセントになります*

この食べ方は畑やっている人の特権(^^)

 

さて、種まきはまだもうちょっと。ぼちぼちやっていきますか。

 

次回のユイチル畑の自給農法ワークショップは9/24です。

是非ご参加ください*